野菜嫌いでも安心のコールドプレスジュー

体の健康や美しい体型を維持するためには
体に必要な栄養素をしっかり摂取できる食生活をおくることが基本になってきますので
多くの方が普段から野菜や果物をバランスよくとれるように食事内容に気を使っている方が増えてきています。

 

しかし成人に必要な一日の野菜や果物の量は生で摂取しようとするとかなりの量になってしまうため、野菜が苦手な方は野菜中心の食事に飽きてしまう方も少なくありません。

 

そこで野菜嫌いでも美味しいと注目されているのがコールドプレスジュースです。

 

コールドプレスジュースは大量の野菜や果物も栄養価を落とす心配が無く
しっかりジュースの中に抽出してくれる特徴がありますので
様々なレシピで作ることで飽きがくることが無く毎日美味しいコールドプレスジュースを飲むことが出来るようになっています。

 

どうしても小松菜やニンジンだけを使ったジュースだと青臭さが抜けないので
リンゴやレモンなどを一緒に入れることで飲みやすくするだけではなく

 

ビタミンや食物繊維なども一緒に摂取することが出来るようになりますので
便秘がちな女性でもお通じを改善させる効果があるレシピとしてポピュラーな材料になっています。


ジュースだけじゃなく食事にも

 

スロージューサーでにんじんやリンゴを撹拌した場合、どうしても残りかすが出てしまいます。
この残りかすは主に食物繊維なので、そのままゴミに捨ててしまうのはとても勿体無いです。

 

そこでハンバーグやホットケーキと混ぜて食べることによって普段の食事に上手く食物繊維をプラスすることが出来ますし、にんじん嫌いのお子さんでもコールドプレスジュースの残りかすをホットケーキやハンバーグに入れてしまえば美味しく食べることが出来るので利用者が増えてきています。

 

大量の野菜や果物を摂取すると体の消化器官はかなりの負担がかかります。

 

特に大量の食事の消化を続けると体はかえって調子を崩す恐れがありますので
コールドプレスジュースで体の消化器官を休ませると体の回復をより早めて

 

ダイエットに必要な体の活性化が期待できるようになりますので
効率よくダイエットをしたいという方にもこのドリンクが注目されています。

 

また消化機能が落ちてきている年配の方でも、一日に必要な栄養素をコールドプレスジュースで補う事が出来ますので、幅広い年齢層のご家庭でスロージューサーを使った自作ドリンクを食生活に取り入れる場合が増えてきています。